ご挨拶

「不通即痛 通即不痛」(読み: ふつうそくつう つうそくふつう)
少し舌に負担をかける言葉ですが、東洋医学で、「通じなければ即ち痛み、通ずれば即ち痛まず」という考え方です。
簡単に言うと、スムーズに繋げる状態を保つことが健康体の基です。
我が社では、プロジェクトの進行の良し悪しも体に似たようなもので、スムーズに繋げることがかなり評価できる標準と考えております。
各レイヤの間、機能の間、担当者の間・・・スムーズに繋ぐことができるなら、プロジェクトがフルパワーで走り出し、ゴールが間違いなく見えます。
そのスムーズ繋ぐこと=「通」の状態になれるような「つなぐ役」は我が社の責任と認識しており、社名の「パイプ」の由来でもなります。
「つなぐ役」になれるめ、全社を挙げて、BA:業務ソリューション知識、PM:コミュニケーション&管理能力、IT:開発言語手法の能力を磨き続けています。
お客様の大事なプロジェクトを成功へ導くこと、社会へ貢献できること、全社員が存在価値を感じられることが我が社の行動基準であり、目標でございます。
今後とも、ご指導ご協力をよろしくお願い申し上げます。

株式会社パイプエンジニアリング
代表取締役社長 張百慶

お気軽にお問い合わせください。03-5946-8368 受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]