ご挨拶

「不通即痛 通即不痛」(読み: ふつうそくつう つうそくふつう)
少し舌に負担をかける言葉ですが、東洋医学で、「通じなければ即ち痛み、通ずれば即ち痛まず」という考え方です。
では何を通じなければいけないのか、答えは、「気」・「血」・「津液」です。
ざっくばらんに言うと、エネルギー、物質、栄養のようなものである。
我が社では、プロジェクトの進行の良し悪しにも、かなり評価できる標準となる言葉であると考えております。
各担当者の間がスムーズに協力できるなら、プロジェクトがフルパワーで走り出し、ゴールに向かってかかる時間とコストが最高の状態となりますが、各担当者間の連携がスムーズにいかなければ当然時間とコストがかさみ、プロジェクト結果には大きな差が生まれます。
そのスムーズに「通」の状態になれるような「つなぐ役」ということが社名である「パイプ」という言葉にも込めており我が社の責任であると考えています。
「つなぐ役」になるため、BA:業務ソリューション知識、TC:開発言語手法の利用能力、PM:コミュニケーション&管理能力を全社員磨き続けています。
お客様より依頼されたプロジェクトを成功へ導くこと、社会へ貢献できること、全社員が存在価値を感じられることが我が社の行動基準であり目標です。
今後とも、ご指導ご協力をよろしくお願い申し上げます。

株式会社パイプエンジニアリング
代表取締役社長 張百慶

お気軽にお問い合わせください。03-5946-8368 受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]